機能の違い

機能に違いはありません。パーソナルライセンスは個人がお求めになりやすい大胆な価格設定になっております。パーソナルライセンスは指名ユーザーライセンスで、ご購入いただいた本人しかご利用いただけません。またパーソナルライセンスは個人で購入することを前提としたライセンスですので会社/事業経費で購入したり、個人で購入したパーソナルライセンスの費用を会社が負担したりすることはできません。

事業経費での購入

コマーシャルライセンスは会社/事業経費でお買い求めいただけます。また指名ユーザーライセンスではなく組織内で利用するユーザー数に応じてライセンスをご購入頂く形になり、ライセンスはプロジェクトメンバーの入れ替わりなどに応じてひも付けを変更して頂くことが可能です。

ライセンスサーバの導入

50ライセンス以上であればライセンスサーバを導入して頂くことで、ライセンスのフローティング化が行えます。例えばプロジェクトメンバーが60名でも同時に利用するのが最大55マシン程度と見積もれるのであれば55ライセンスのご購入でご利用いただけます。(この場合60台全てのマシンにインストールできますが同時に55マシン以上起動することはできません)

関連記事: ライセンスサーバとは